美味へのこだわり峯野牧場 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMSサイト管理画面

TOP PAGE > 峯野牛のこだわり

峯野牛について

峯野牛のこだわり
峯野牛のこだわり

こだわりの峯野牛です



大自然の環境の中、特別に指定した安心・安全のJAのエサを与え、大自然のもたらす天然水でのんびり・ゆったり育て上げました。
そんな峯野牛は、程よい霜降りかげんで脂もしつこくなく、口の中でとろけます。その上、肉の味がしっかりしているので広い年齢層の方に喜んでいただけると思います。








峯野牧場では、保育・育成・肥育のステージがあり、それぞれの成長に合わせたエサ(配合飼料・乾牧草)を与えています。
特に、肥育ステージでは、特別に指定したJAの安心安全な配合飼料を使用し、乾牧草は近隣の米農家さんより無農薬稲わらなどを集めて与えています。
また、脂質の改善を目的として出荷3ヵ月前から近隣の米農家さんが育てたもみの付いたままの加工用生米を配合飼料に混ぜています。



峯野牧場の所有する山林から湧き出てくる 天然水を与えています。水源から引いている水にはきれいな水にしか生息しない、沢ガニなどが生息している大自然の湧水を使用しています。

環境は牛の成長に大きく影響します。
まず、恵まれた大自然の環境を生かし、きれいな空気、騒音の少ない静寂な空間づくりをしています。
温度管理については、牛舎には扇風機による換気が行われていて、暑い夏には牛舎の屋根にスプリンクラーを散水し、涼しく快適に過ごせるようにしています。
牛がいる空間は、約260頭いる牛を7つの牛舎に分けて飼育し、1つの群れを5頭以下にしているため1頭1頭のびのびと過ごせるようにしています。
さらに、特に病気になりやすい子牛は特に気を付けており、1頭1頭ゲージに入れています。そのゲージは事前に高圧洗浄しその上にペンキを塗り、牛舎内は高圧洗浄した後石灰を塗り菌の繁殖を防いでいます。牛舎に人が入る時は外からの菌を持ち込まないために、消毒槽に足を浸して足裏消毒を行っています。このように飼育環境を整えることにより、少しでも牛にかかるストレスを減らし、健康に育てることによってよりおいしい牛肉を生産しています。



1頭1頭の耳に10桁の個体識別№がついていて、さらに群ごとにデータを貼りだしているので、その場で牛の履歴が分かるようになっています。
それを見て、それぞれの成長にあった飼育方法、個体管理、健康管理をしています。


育て上げた牛は、市場に出荷します。
市場に出荷した牛は枝肉の状態で競りにかけられるので、市場に出向き枝肉の大きさ姿形はもちろん、霜降りの入り具合、きめやしまりのチェックは欠かさず行い、すべての牛を導入時からの履歴と比較・検討し、データを調べなおし常に向上を欠かさないよう研究しています。



認証年月日:H21.12.17
認証番号:第09210014号
肉牛部門第1号

カートを見る

商品 数量  販売価格
小計(税込) ¥0
※送料は配送先決定後確定いたします
※上記以外に送料、代引き手数料がかかる場合がございます。